准看護師

准看護師の求人は?



准看護師の求人先選びでは、大きく言って次の2点に注意する必要があります。


1.准看護師の求人先は、多少制限されている
2.求人先の給料が低いからといって、ラクな仕事とは限らない


それぞれについて説明します。

1.准看護師の求人先は、多少制限されている

ご存じの通り、准看護師の仕事は正看護師とほとんど変わりません (というか、多くの場合、同じです)。ですが、実際の転職活動では、 准看護師というだけで募集を制限されることがあります。

そうした募集制限が露骨な転職先の一つが、国立病院や公立病院です。 国立病院・公立病院に就職すると、公務員としての身分が保証されるため 人気の転職先ですが、残念なことに准看護師というだけで、面接にすらいけない (書類審査で落とされる)パターンがあります。

また国立病院では、准看護師の新卒をそもそも受け入れていないところもあり、 「准看護師は能力が劣っている」という偏見を持った方が、いまだに少なくありません。

民間病院でも、時々そうした偏見を持った方が採用担当者でいらっしゃいます。 時々、病院自体が「看護師募集」を出しているときがありますが、准看護師の方で そうした病院に応募した方がいたのですが、「いや、准看護師は募集していないので」と 断れた方もいます。

また、初めから採用する気もないのに、「准看護師だから」という理由で断れないもので、 そもそも採用する気もないのに一応面接するという所もあり、そもそも時間のムダ だったりします。

そうした嫌な思いをしないためにも、看護師専門の転職支援サイトを活用した方が いいかもしれません。効率よく転職活動ができますし、パートや派遣の方なら、 一般には目に触れないような未公開案件を紹介してもらえるかもしれません。

<関連記事>:准看護師って求人で不利な扱いを受けない?

2.求人先の給料が低いからといって、ラクな仕事とは限らない

これは、准看護師に限ったことでないのですが、仕事がキツイ=給料が高い ということでもないのです。

仕事がそれほどでもなくても、そこそこ給料のよい先もあれば、仕事がキツイ割に 給料も低いという職場もあります。

もちろん、同じ大病院でも病院によって給与や仕事の大変さが違う、というのはあります。 ですので、結局は職場次第な訳ですが、それを言ってしまうと話が終わってしまうので、 少し視点を変えて病院以外の勤務先で比較してみましょう。

まず、夜勤や残業もなく比較的給料もよい准看護師の求人先の代表が、心療内科です。 ここで注意してほしいのは、病院のいわゆる「精神科」ではない、ということです。

精神科のお仕事は、単純な医療事務だけでなく、介助のお仕事(排泄のお手伝いも含む) もやるため、正直ラクな仕事とは言えません。

心療内科は心のカウンセリングをする診療科で、特に高級心療内科を運営する クリニックになると、勤務時間あたりの給与単価はそれなりです。

その他、仕事内容の割に給与がよい求人先の代表として、企業の保険医務室が挙げられます。

保険医務室といっても急患の患者が来ることはまずないですし、 夜勤がないのはもちろんですが、残業もなく定時で帰ることができます。

身分としては企業の社員という形になりますが、給与はその企業の給与水準 に応じて出ますので、それなりの金額になることが多いです。

<関連記事>:准看護師のお給料・年収ってどの位?


以上が、准看護師の求人先として「かなり美味しい」先ですが、当然ですが募集先としての競争もかなりあり、こうした求人が一般に公開されることはまずないため、看護師の求人サイトから紹介してもらうしかありません。

それでも確実に仕事に就ける可能性が高い訳ではないですが、自力で求職活動をしていたら可能性はほぼゼロなので、一応頭の片隅に入れておいてください。

逆に、仕事の割に報われないというか、仕事のキツさの割に報酬がいまいちな求人先はデイサービスです。 そもそも、デイサービスの運営会社が赤字なところもあり、准看護師にそれほどの給料を支払えません。

仕事は、単純な看護師の仕事を以外に、介護の仕事もやることになり、肉体的にはラクではないです。 加えて、デイサービスの看護師はなぜか介護士の目の敵にされやすく、人間関係で余計なストレスを抱えることになります。

デイサービスの看護の仕事は、社会福祉に貢献できる素晴らしい仕事ではありますが、損得勘定だけでは務まらないかもしれません。

 准看護師の転職に強い求人サイトは?

このページの先頭へ