准看護師

看護師からの転職、治験コーディネーターの注意点は?

治験コーディネーターの注意点

看護師の勤務先として圧倒的に多いのは、病院や診療所といった医療機関です。

病院や診療所で働く看護師は、やりがいのある仕事も多く、看護スキルを維持できるという魅力があります。


しかし、夜勤や休日出勤があることや、身体的にも精神的にも負担が大きいということから、病院や診療所以外の勤務先を探している人も少なくないのではないでしょうか。

病院や診療所で働く看護師以外の働き方の1つとして挙げられるのが、「治験コーディネーター」です。


土日祝日に休むことができたり、夜勤がなかったりと、プライベートを充実させたい人にもおすすめの治験コーディネーターですが、具体的にどのような仕事をしているのか詳しく知らないという人も多いはず。

治験コーディネーターの仕事について詳しく見ていきましょう。

看護師からの転職、治験コーディネーターとは?

病院や診療所の看護師として働いている人の中には、治験コーディネーターという職業は知っていても、具体的な仕事内容は知らないという人も少なくないでしょう。

治験の基本的な知識とともに、治験コーディネーターがどのような企業に所属し、どのような仕事をするのか、詳しく確認していきましょう。

治験コーディネーター(CRC)とは?

治験コーディネーターとは

治験コーディネーター(CRC)とは、治験がスムーズに進むよう、治験全体を統括している人のことを指します。

治験とは、新薬の有効性や安全性を確かめるために、さまざまな人に協力してもらって行う臨床試験です。


新薬を販売するためには国の承認を得る必要があるのですが、この臨床試験は必要不可欠なステップです。

したがって、治験を円滑に進める治験コーディネーターはなくてはならない存在というわけですね。


治験コーディネーターは医療や薬に関する専門知識が必要です。

そのため、治験コーディネーターの求人の多くは、看護師や薬剤師、臨床検査技師などといった医療系の資格を持っている人を応募対象としています。


特に看護師は、病院の組織について詳しく、医師やその他の病院スタッフとのやり取りもスムーズにできる人が多いので、治験関連会社からも重用されています。

治験コーディネーターに必要な知識は、看護師の資格を取得するまでに身に着けた知識や、病院などでの勤務経験を活用すれば十分にフォローできます。


ただし治験に関わる医師やスタッフ、治験の被験者など、さまざまな立場の人とやり取りをする必要があります。

治験を円滑に進めるためには、高いコミュニケーション能力も必要であることに、注意しておきましょう。


看護師が治験コーディネーターとして働く最大のメリットは、夜勤や残業がほぼなく、規則正しい勤務体系で働けるという点です。

土日祝日が休みの場合も多いため、病院勤務の看護師よりも、仕事とプライベートを両立させやすい職業といえます。


また研修や勉強会がある企業もあり、働き方をしっかりサポートしてくれるという点も嬉しいポイントですね。

治験コーディネーターの就職先は?

治験コーディネーターの就職先は製薬会社と思われがちですが、実はそうではありません。

治験コーディネーターの主な就職先は、治験を行うための条件を満たした病院や、治験コーディネーター派遣会社(SMO)です。


治験が行われる病院に正職員として雇用された場合は、治験コーディネーターとしての仕事だけでなく、看護師としての仕事も任されるのが一般的です。

一方、SMOに就職して治験コーディネーターとして働く場合は、SMOから病院に派遣されるという形で治験が行われる病院で勤務するということになります。


夜勤や休日出勤を可能な限り避けたいという人は、病院ではなくSMOへの就職が安心かもしれませんね。

そもそも、病院が治験コーディネーターを募集する事自体あまりありません。


治験コーディネーターとして働きたいのであれば、SMOへの就職を目指すのが一般的というわけです。

治験コーディネーターの給与は?

病院勤務の看護師が治験コーディネーターに始めて転職した場合、基本給は月収20~25万円となるところが多いようです。

残業が発生すれば残業代も支払われます。


企業にもよりますが、多くの場合は賞与も支払われるので、治験コーディネーター未経験の人でも、年収400万円前後となるケースが多いようです。

また、勤続年数が長くなれば、その分昇給していく見込みがあるという点も、民間企業で勤務する魅力の1つでしょう。


未経験から始めたとしても、勤続年数5年ほどで月収30万円前後、年収500万円前後になることが期待できます。

<関連記事>
准看護師のお給料・年収ってどの位?


治験コーディネーターの仕事内容は?

治験コーディネーターの仕事内容

治験コーディネーターの仕事は、治験を円滑に進められるように、治験全体を総合的に管理することです。

それでは、実際にどのような仕事をしているのでしょうか。


治験コーディネーターの具体的な仕事内容に迫ります。

被験者(患者)対応

治験は新薬を人間に投与し、重大な副作用が出ないか判断するための臨床試験です。

そのため、治験に参加してくれる被験者や患者を集める必要があります。


治験に参加してくれる被験者や患者に対し、治験中だけでなく治験前後のサポートを行うことが、治験コーディネーターの業務の1つです。

治験に参加してもらうときには、被験者や患者が進んで同意してくれるよう、新薬や治験についてしっかり説明する必要があります。


また治験中や、治験前後に寄せられる質問や疑問への回答はもちろん、服薬指導や心理面のサポートも行います。

そして、治験中には特にこまめに病院回りを行い、被験者や患者の体調変化を見逃さないように気を配ります。

デスクワーク

治験に必要な書類や資料を作成するのも、治験コーディネーターの仕事の1つです。

説明資料を作成したり、治験で得られたデータを管理したりと、パソコンを使用した業務も多くなります。


また、治験に関わっている医師や医療スタッフとのスケジュール管理や、被験者や患者の来院スケジュール管理、検査を行うための機器や施設の予約なども行います。

カンファレンスへの出席

新たに治験を開始する場合、治験を行う新薬の内容や治験の方法についての説明が前もって行われます。

この説明を行う場を「キックオフ・カンファレンス」といいます。


治験コーディネーターとして治験に参加する場合には、このカンファレンスに出席する必要があります。

キックオフ・カンファレンスは製薬会社が主催することが多いのですが、カンファレンスの資料を作るのは治験コーディネーターの仕事です。


場合によっては、カンファレンスの司会進行や治験内容の説明を任されることもあります。

看護師が治験コーディネーターに転職する時の注意点は?

治験コーディネーターの注意点

ワークライフバランスを大事にしたい人にとって、治験コーディネーターは魅力がたくさんある職業です。

しかし、看護師が治験コーディネーターに転職する際には、注意すべき点もいくつかあります。

求人数が少ない

治験コーディネーターになるには看護師の資格があれば十分ですが、求人数が少ないため、実際に転職するには非常に狭き門といえるでしょう。

治験コーディネーターの求人情報は、ハローワークや一般的な転職サイトではなかなか見つかりません。


看護師専門の転職サイトに登録し、求人情報を見逃さないようにしましょう。

<関連記事>
准看護師の求人は?


パソコンスキルが求められる

治験コーディネーターの主な業務の1つに、治験に関する資料の作成やデータの管理がありますが、これらの業務ではパソコンを使用します。

高度なパソコンスキルは必要ありませんが、ワードやエクセル、パワーポイントなどといった基本的なソフトは使えるようにしておいた方がよいでしょう。

医療行為が無い

病院に治験コーディネーターとして就職した場合は看護業務を行うこともありますが、SMOに就職した場合は医療行為を行わないため、看護業務を忘れてしまう恐れがあります。

治験コーディネーターとして働き続けることを決めている人は問題ありませんが、将来的に病院勤務の看護師として働くことを視野に入れている人は注意しておくべきポイントです。

ノルマや出張があることも

治験を行う薬や勤務するSMOの規模によっては、ノルマや出張があり、勤務環境が厳しくなることもあります。

新薬が承認されるには、一定以上の症例数が必要です。


したがって、治験を成功させ新薬を世の中に出すには症例数、つまり被験者を増やす必要があります。

SMOとしては、治験を成功させて利益を得るために、症例数をできるだけ確保したいというわけですね。


これが治験コーディネーターに症例数のノルマが課される背景です。

また、全国出張や残業が多いSMOもあるので、求人情報や会社の情報をきちんと確認しておくことが大切です。


まとめ

  • 治験コーディネーターは、治験の総合的な管理を行い、治験を円滑に進める仕事をしている
  • 夜勤がなく、規則正しい勤務体系なので、仕事とプライベートの両立がしやすい
  • 治験コーディネーターの就職先は、主に治験コーディネーター派遣会社(SMO)である
  • 主な業務は「被験者(患者)対応」「資料作成やデータ管理などのデスクワーク」「カンファレンスへの出席」の3つ
  • パソコンスキルが必要だったり、ノルマや出張があったりと、転職する際には注意すべき点もある
  • 求人数が少ないため、看護師専門の転職サイトに登録して求人情報を見逃さないようにすることが重要

 准看護師の求人に強い転職サイトは?

このページの先頭へ