准看護師

准看護師のお給料・年収ってどの位?



准看護師は知事免許だということもあり、国家免許資格である正看護師よりも給与水準が低いといわれています。基本的に正看護師と准看護師の仕事内容には大きな違いがないという現状にあって、この給与格差を受け入れられない、納得できないという方も多いことと思います。

現在、日本看護協会は准看護師制度廃止を提唱していますが、准看護師は正看護師よりも人件費を抑制でき、低賃金の看護労働力を確保しておきたいと考える日本医師会の思惑もあり、問題の是正が難しい状態にあります。

こういった時代であるからこそ、准看護師の方々は自分の労働や職場への貢献に見合った報酬を得られているかどうか、自分で見極める必要があると言えるでしょう。


准看護師のお給料や年収について



准看護師は実際にどの程度の給与をもらっている? 皆さんは准看護師の給与水準や平均年収について、具体的なご存じでしょうか?

様々な職業の年収に関して調査を行っているサイトの調べによると、平成26年調査の准看護師の平均年収は409万円という結果がでています。

さらに詳細な数値は以下のとおりです。

平均年収:409万円
平均月収:29万円
年間賞与など:65万円
男性平均年収:444万円
女性平均年収:405万円
平均時給:1735円

准看護師が身を置く過酷な労働環境や拘束時間を考えると、想像以上に給与水準が低いと感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

准看護師のこの年収に対し、正看護師の平成26年平均年収は473万円、平均月収は33万円という調査結果となっており、准看護師と正看護師の給与格差は、年収64万円、月収4万円にもなります。

この数字の差から、准看護師は正看護師以上に、自分働きに見合った報酬が得られる職場を「自分で」見つけることが重要だということが分かります。


職場ごとに給与には差がある?



一般的に正看護師よりも給与水準が低いとされる准看護師ですが、働き先によって得られる報酬に差があります。職場や勤務する診療科によっては、正看護師の平均月収以上の給与が提示されることも勿論あります。

ここで、実際に准看護師として働く方の「勤務形態、職場、月収」の実例を見ていきましょう。


ケース1 男性 38歳 経験17年 東京都 Mさん

勤務形態 常勤(夜勤あり)
職場 精神病院(病棟)
資格 准看護師
月収 283,000円
年間総支払額 4,402,000


ケース2 女性 24歳 経験4年 宮城県 Rさん

勤務形態 常勤(夜勤あり)
職場 精神病院(病棟)
資格 准看護師
月収 220,000円
年間総支払額 3,300,000円


ケース3 女性 35歳 経験17年 大阪府 Hさん

勤務形態 夜勤専従
職場 総合病院(病棟)
資格 准看護師
月収 400,000円
年間総支払額 5,400,000円


ケース4 女性 50歳 経験24年 静岡県 Mさん

勤務形態 常勤(夜勤あり)
職場 総合病院(一般病棟+療養病棟)
資格 准看護師
月収 347,000円
年間総支払額 5,065,000円


ケース5 女性 45歳 経験10年 愛知県 Tさん

勤務形態 常勤(夜勤あり)
職場 介護老人保健施設
資格 准看護師、調理師
月収 360,000万円
年間総支払額 5,020,000円


ケース6 女性 41歳 経験2年 千葉県 Aさん

勤務形態 常勤(夜勤あり)
職場 三次救急病院
資格 准看護師
月収 316,000円
年間総支払額 4,192,000円


ケース7 女性 23歳 経験3年 東京都 Mさん

勤務形態 常勤(夜勤あり)
職場 訪問看護ステーション(老人ホーム併設)
資格 准看護師
月収 327,000円
年間総支払額 3,270,000円


ケース8 男性 34歳 経験10年 千葉県 Kさん

勤務形態 常勤(夜勤あり)
職場 有料老人ホーム
資格 准看護師
月収 450,000円
年間総支払額 6,432,000円

いかがでしょうか?これらの例からも、看護師としての経験が浅くても職場によって看護師の平均給与以上の報酬を得ている方、十分な経験があるにもかかわらず低い給与水準にある方など、様々であることがお分かりいただけると思います。

医療従事者として働く上で「お金が最優先事項ではない」という人も多いかもしれません。しかし、自分の働きに対して正当な報酬が得られなければ、生活に支障がでるだけでなく、モチベーションを維持して業務に向かうことも難しくなります。

ご自分の年収や月収に少しでも不安や疑問がある場合は、現在の給与が職場環境や勤務形態、業務に見合ったものであるかどうか、落ち着いて見直してみることをおすすめします。


今のお給料に納得いってる?



国内企業に勤める女性の平均年収は250万円~300万円といわれています。このことを考えると、准看護師の給与水準は高い水準にあると言えます。

しかしながら、業務のハードさ、仕事量の多さ、労働環境の厳しさを考慮すると、行っている仕事に対して妥当な報酬が得られているとは言えないのが実情です。

事実、准看護師が転職を考える理由の上位には常に「給与に対する不安、不満」が入り、報酬の高い職場を求めて転職活動を始める方も大変多い状況にあります。

また一方で、正看護師との給与差に強い不満や悩みを抱く方も少なくありません。同じ職場で同様の業務、拘束時間で働いているにもかかわらず、正看護師と准看護師の間で年間70~80万円の年収差が出るなんてことは珍しい話ではなく、この給与格差が准看護師の勤労意欲を大きく削ぐ原因になるケースも目立ちます。


准看護師が納得のいく報酬を得る方法とは?



収入の低さや正看護師との給与格差に不満がある場合、とることができる手段はやはり、年収アップを狙った転職が一番に挙げられるでしょう。

一般企業や総合病院などで働く正看護師であれば、スキルを磨く、特定の資格を取る、勤続年数を重ねるといった方法で出世・昇給を目指すことができます。

しかし、准看護師はその免許の性質上、病院内で看護師長などの立場に立つことができないため、キャリアアップによる昇給を目指しにくいという現実があります。これを克服するためには、やはり、今よりも高い給与を提示している病院・医療機関へ転職するのが現実的です。

給与面で納得のいく職場選びのポイントは?

准看護師が多く在籍している職場をチェックする

一般的に、准看護師の割合が高い病院や医療機関では、准看護師と正看護師の役割がしっかりと区別されていることが多く、給与に差がある一方、業務内容にも明確な違いがあります。

そのため「正看護師と同じ業務をしているのに、給与だけが低い」といった不公平感を感じずに業務を行うことができ、本来准看護師が背負うべきでない責任やストレスを抱え込むリスクが軽減されます。


看護師専門の転職サービスやエージェントを活用する

看護師の方が転職をする場合、転職活動と並行して勤務を続けることがほとんどですが、転職サービスやエージェントを使うことで、情報収集を効率良く行えたり、面接や試験の申込みの手間を軽減できるというメリットが得られます。

また、転職サイトの中には転職支援金制度などを用意したところなどもあるので、条件が合えば、新生活をはじめるための費用を支援金で賄うなんてことも可能です。

看護師専門の転職サービスは登録無料のところが多く、専門のキャリアアドバイザーを利用できるケースがほとんどですので、是非上手に活用して、転職活動を有利に進めていきましょう。

 准看護師の転職に強い求人サイトは?

このページの先頭へ