准看護師

看護師の転職先、重視する条件は?



せっかく取得した准看護師の資格、子育てや他の仕事で看護師の現場から離れていた場合でも、何かのきっかけで再び白衣を着たいこともありますよね。准看護師として職場復帰するのなら、重視したい条件が何なのか、良く見極める必要があります。

看護師の現場は人手不足が叫ばれていますので、売り手市場です。良い条件のところに勤務できれば、ご自身の生活もより充実するのではないでしょうか。ここでは、転職にあたって重視したい点について、解説します。


准看護師の転職先、重視したい条件について



まず、准看護師として転職する場合、どのような職場が働きやすいのか、また重視したいポイントは何なのか、見ていくことにしましょう。


1.正看護師に近い収入ラインであるか



よく言われることですが、准看護師の収入と正看護師の収入には大きな開きがあります。元々、正看護師と准看護師は別の資格で、法で定められている「建前上の業務内容」が異なるので、収入に差があるのは理屈としては分かります。

ですが、「実際の医療現場の仕事」においては、両者の業務はほとんど差がありません。正看護師と同じ業務負荷、責任を負っているのに、収入は明らかに低いというのは、やはり納得できない人も多いですよね。


転職にあたっては、准看護師の待遇、特に収入面についてチェックしておきましょう。できるだけ正看護師と収入が近い、あるいは同じ待遇であるところが望ましいと言えます。

ただし、単に正看護師の収入と准看護師の収入が近ければ良い求人と言うことではありません。正看護師の収入には相場があり、やっている仕事は変わらないのですから、准看護師の収入も正看護師と同じレベルの勤務先を選びましょう。

准看護師の場合、一定の実務経験があれば、正看護師への転換試験を受けることが可能です。収入の差が気になるようなら、そうした転換試験へのサポートがある職場を選ぶのも良いと言えます。


2.休暇、福利厚生等が充実しているか



特に正規職員として勤務する場合は、福利厚生や家庭との両立をバックアップする体制が充実しているところが望ましいです。

・社会保険等の充実(職場の負担額が大きいところが望ましい)
・有給休暇、半休制度などが充実していて、かつ確実に取得できる
・各種優待サービスなどの福利厚生支援プログラム
・託児施設、保育園などの併設
・子供が小さいときは夜勤等を免除される

など、看護師として働くための制度は色々存在していますが、これらが充実している勤務先を選ぶことができれば、より働きやすい環境を手に入れることができると言えるでしょう。ワークライフバランスが整っている職場と言うのが、2つ目の条件です。


3.専門性を深めることができるか



看護師としてやりがいがあるのは、その業務の専門性を深めることができるということも1つの理由に挙げられます。病院の受付窓口業務しかできないとなると、看護師としてのスキルも専門性も高くなりません。

ずっとこの病院で、お小遣い稼ぎ程度で良いと思っていれば別ですが、看護師としての道を深めていきたい場合、どのような業務を任されて、その後どんなキャリアがあるのか、それが実現できる場所を選んだほうが良いです。

特に准看護師の場合、「正看護師の補助」的な位置づけでいる病院もまだまだ多く、そうしたところでは専門性を深めることについて、あまり期待できません。准看護師であっても、その先のレールがきちんと敷かれているところを選びましょう。


4.離職率が低いか



同じ職場で長く勤めて、キャリアを積みたいと思っている人も多いと思います。離職率が高い職場は、激務であるのか、人間関係、職場関係的に長く居づらい要因がある可能性があります。

離職率が低い職場はそれだけ求人も出にくいわけですが、うまく転職できれば、その後の看護師生活を安定したものにすることができるでしょう。

准看護師の転職先について、ご自身の希望に合うような以上の4つの条件から考えてみていただければと思います。


准看護師の求人選びで注意したいこと



准看護師が転職先を探す際のポイントについては、上記で紹介しましたが、実際にそうした職場を探す際には、漫然と探すのではなく、注意するべきことがありますので、その点についてお話致します。


1.准看護師だからと言って差別されない職場を選ぶ



上でも書きましたが、実際の業務はほとんど変わらないのに、『准』看護師だからと言う理由で収入や昇進について、正看護師と大きく差をつけられている場合が少なくありません。

そこは、あきらめないでせっかく取得した准看護師の資格と経験がありますので、平等に評価してもらえる職場を選びましょう。

・収入(給与、ボーナス、その他手当)
・昇進(管理職や責任のある役所に就けるかどうか)

この2点を注意して、転職先を選びましょう。正看護師と准看護師は別の資格なので、待遇に差があっても違法ではないのですが、同じ待遇で准看護師としての能力や経験を評価してくれる職場は必ずあります。そうした職場に転職しましょう。


2.求人案件の探し方を厳選する



一般的に、准看護師を含む看護師求人は

・病院のHPなどから直接募集
・ハローワーク
・求人サイト
・「ナースバンク」
・看護師専門転職サイト

など、複数の方法で募集しています。これら全ての方法で求人を探すということをやりがちですが、あまりお勧めできません。

それぞれの募集方法が違いますし、書類の書き方、必要書類の数など異なってしまいます。ハローワークの場合、その都度遠くの事務所まで行かないといけない事にもなります。


手間も時間もお金もかかってしまうため、できれば転職の際の応募方法は1つに絞ったほうが効果的です。では、何がいちばんいのでしょうか。

ハローワークや直接求人を探す方法は、募集側のお金がかからない=採用費用が無料と言うことで、「あまり採用にお金をかけない=人を重視しない」職場である可能性があります。そうではなく、「しっかりと採用にお金をかけている=能力があり価値のある人を選びたいという意思がある」職場を見つけたいですよね。

そのためには求人、転職サイトを活用しましょう。これは、利用者は無料ですが、求人側はお金を払わないといけない仕組みになっています。その中でも特に、看護師専門の転職サイトがお勧めです。


看護専門転職サイトを利用する



看護師専門の転職サイトは、その名の通り、看護師求人のみを扱ったもので、通常表に出ないような「限定求人」「非公開求人」と言った好待遇、高収入が期待できる案件も存在します。ここで「だけ」応募が可能な求人も存在します。

准看護師としての好待遇が期待できる求人も多く存在していますので、ご自身の希望や、これまでの看護師経験等と合わせて、より良い職場を選ぶことが可能です。


さらに、「転職エージェント」という専門のコンサルタントを擁しているサイトも存在します。コンサルタントが、皆さまの経験や希望を聞き、それに適した案件を紹介、応募手続きや、必要書類作成なども代行してくれるため、非常に便利です。面接が他と重ならないようにスケジュール調整もしてくれます。

コンサルタントの収入は、転職させた人の転職先の給料に応じたものになっているので、転職価値が高いと判断すれば、好待遇、限定案件を率先して紹介してくれる可能性もあります。


ご自身のキャリアに自信があるならば、ぜひ活用を検討してみてください。相談だけでも無料なので、1度ご自身の今後を整理する意味でも、コンサルタントがいる場合は相談してみると良いでしょう。


まとめ

  • 准看護師が転職する際には、収入、福利厚生、専門性、福利厚生を重視する
  • 正看護師との待遇の差がない職場を選択する
  • 転職の際の応募の手段はできるだけ絞る
  • 准看護師の転職には、看護師専門の転職サイトの利用がおすすめ

 准看護師の求人に強い転職サイトは?

このページの先頭へ