准看護師

准看護師って求人で不利な扱いを受けない?



准看護師はその名のとおり、看護師に「准」ずる名前で、サブ的なイメージがあり、求人の際も看護師(以下正看護師と書きます)比較され、差別的な扱いを受けてしまうのではないかと不安に持たれる方も多いのではないでしょうか。

実際のところ、どこまで差があるのか、あるいはないのか、この項で勉強していってください。きっとよい就職先を見つける方法があるはずです。


正看護師と准看護師、待遇などの差について

まず簡単に正看護師と准看護師の違いをおさらいしておきましょう、ともに医師の下で医療行為に従事ずる大切な職業ですが、資格の根拠が違っています。


資格の違いで見ると・・・

・正看護師 厚生労働省によって認められた国家資格です。
・准看護師 都道府県知事から与えられる免許。国家資格ではありません。

なぜ違うのかといいますと、その成り立ちからして異なっています。看護師自体は戦前からあった資格ですが、戦後、人口増などに対応するために看護師が不足することになりました。

そのため、それを補う必要が出てきて、看護師の業務を補助するという名目で、看護師よりも簡素なカリキュラムの履修で、看護業務を行うことができる資格として「准看護師」でできました。


当時はご存じ用に「看護婦、准看護婦」と呼ばれていましたが、男女同権な流れから女性を意味する「婦」を覗いて「師」に変えたというわけです。

一時的な資格という意味では、学校の先生も戦後の一時期は「代用教員」ということで、通常の教員養成課程を履修していなくても、子どもたちに教えることが可能な制度がありました、。それと同じですね。


ただし、代用教員はしばらくしてすべて正規の教員免許を持つ「教諭」になりましたが、看護師の世界は、正看護師と准看護師が併存する形が続き今に至っています。


カリキュラムの違いで見ると・・・

・正看護師 3年生の看護学校か、4年制大学の看護学部
・准看護師 2年生の准看護字学校、高校の衛生看護課程


をそれぞれ修了したうえで、当該の資格試験に合格する必要があります。見ていただくとわかるように、准看護師のほうがなりやすいのは確かです。カリキュラムも正看護師のものと比べると少なめになっています。


制度上の違いで見ると・・・

・正看護師 「医師(歯科医師)の指示」に従って診療の補助、療養上の世話などを行う
・准看護師 「医師(歯科医師)、看護師の指示」に従って業務を行う


とあります。准看護師は医師の補助をする正看護師のその補助をする、という位置づけになっています。

しかい、実際の業務では正看護師と准看護師と業務の差にほとんど違いはありません。医療現場では業務の差をつけて行う余裕がまずない、と考えてもいいと思います。


収入の違いで見ると・・・

業務内容は同じようであっても、資格の名前が異なることで、准看護師の収入は正看護師に劣っていることが多いようです。

正看護師の年収の平均は500万円近いのですが、准看護師の場合はそれよりも約100万円低く、300万円台後半の人が多くなっています。

それでも、女性の場合は一般的な民間企業女性の年収よりはかなり高めではあります。看護師という職業が社会にとって不可欠で、そのハードワークに見合った待遇はそれなりにあるということでもありますが、やはり同じ仕事をしていて正看護師よりも100万円少ないというのは納得がいかない人も多いかと思います。


勤務先の違いで見ると・・・

これは絶対にそうであるということではありませんが、大病院、大学病院などでは正看護師のほうが採用が圧倒的に多く、准看護師の採用はかなり限られているというのが現状です。

これは、より確かな知識を持っている正看護師を多少高い給与を支払ってでも採用して、業務にあたらせたいという病院側の考えもあるようです。お金があれば、よりしっかりとした資格の人を採用する傾向にあるのは、残念ながら仕方のないことです。

しかし、准看護師の方でも問題なく就職が可能な場所もあります。それは町のクリニックや「町医者」と呼ばれる地域のかかりつけ医などです。規模が小さい場所では准看護師は歓迎されると思ってください。


准看護師が働きやすい職場とは?



クリニックなどでは准看護師が働きやすいというのは、上で書いたように正看護師と准看護師では給与面などで差があり、准看護師のほうが安いということが第一に挙げられます。医者は儲かるといっても、小さなクリニックなどでは患者さんもそれほど多くないですし、それほど給与を支払う余裕がありません。

その中では、看護師と同じ業務をしてくれて、なおかつ給与の相場が低い准看護師は歓迎され、需要も大きいのです。


安くこき使われるみたいなイメージで、面白くないという人もいるかもしれませんが、逆に考えてみましょう。クリニックなどでは、それほど激務ではありません。内科などでも風邪やインフルエンザの人は来るでしょうが、重大な疾患の人は大病院のほうへ行きます。外科でも同様で、救急車で運ばれる先は大病院、救急病院です。

要は、血を見たり、人の生死に直面する場面が非常に少ないということです。精神衛生上も比較的楽です。看護師のストレスが大きいのはここに起因していますから、それを減らして働けるならば非常にありがたいものですよね。


労働条件の面でも働きやすいです。大病院だと夜勤とか休日出勤がありますが、クリニックでそういうのはまず聞きませんよね(せめて年数回の休日の緊急医の日くらいでしょう)。

その日の患者さんが帰れば業務は終了ですので、定時上がりも可能。自分のライフスタイルに合わせることができます。そもそも、場所によっては週数日とか1日数時間のパートタイム勤務を募集しているところもあり、こうしたところでは准看護師の方は(正看護師よりも)優遇されます。


子育て中、あるいはパートで働きたいという場合、准看護師の資格は決してマイナスにはなりません。 あと、クリニックだと看護師がいても数人です。要は、この数人の人間関係さえうまくいけば、苦労することはないということです。大病院の場合は、看護師の数も多いのでどうしても合う人、合わない人が出てきてしまいます。

このように考えると、給与の点だけ目をつぶれば、准看護師として働くことも悪くなさそうですし、クリニックなどに勤務先を限定すれば求人についても不利になるどころか、歓迎されそうです。


ただし、なかなか小さなクリニックなどの求人を見つけにくいのも事実です。大病院ならばHPに掲載していたりしますが、クリニックはそうではないですからね。そうした場合に役に立つのが、看護師(准看護師を含む)専門の転職サイトになります。


准看護師の求人は転職サイトで



求人というと、ハローワークにある求人票を見たり、個別に病院のHPなどを見たりするケース、あるいは小さなクリニックだと知り合いのつてなどと考える人も多いかと思いますが、最近はそうではありません。

就職活動の際に「就職サイト(○○ナビ)」を使われた方もいらっしゃるかもしれませんが、その転職版で、看護師、准看護師の転職に特化したサイトが複数存在しています。そこはもちろん、すべてが看護関連の求人で、勤務先や給与、休日などの条件が1目でわかるようになっています。


准看護師NGなのか、むしろ准看護師歓迎なのかもそこでわかります。サイトに登録して、ご自身の履歴書や職務経歴書を登録しておけば、それを微修正しつつ何度も使うことができます。これはネットのいいところなのですが、それを駆使してよりよい職場を見つけるために役立てましょう。

例えば「准看護師5割」のような職場のアピールがあるところもあるかもしれません。そうすれば、不利な扱いを受ける可能性も減りそうですね。そのようなさまざまな条件を総合的に比較し、考えることができるのが転職サイトのよいところです。


准看護師だからといって正看護師に負ける部分だけではなく「武器」になることもあるんだ!ということを転職サイトを通してアピールしていきましょう。転職サイトはその期待に応えてくれるはずです。


まとめ

  • 正看護師と准看護師はその根拠となる資格は別物である
  • 准看護師と正看護師は、実際の業務では差がない
  • 業務に差がないのにもかかわらす、准看護師の収入は正看護師と比較して少ない
  • 求人については正看護師と准看護師で病院と規模と需要に差がある
  • クリニックなどはむしろ准看護師を評価している
  • クリニックなどは労働環境的にはよいところが多い
  • そうした職場を見つけるためにも転職サイトを活用したい

 准看護師の転職に強い求人サイトは?

このページの先頭へ