准看護師

准看護師、単発のお仕事の選び方は?



准看護師の免許を持ちながら、家庭的な問題や体力に不安があるといった悩みから、看護や介護の分野から離れてしまうという方は少なくありません。長年勉強を重ね、苦労して身に付けたスキルを活かして働くことができないというのは、大変もったいない話です。

准看護師が、病院や医療機関から離職し、働いていない看護師(潜在看護師)となる主な理由には、「仕事と家庭の両立が困難」「体力的についていけない」「労働環境が厳しい」といったものが挙げられます。

ここで注目したいのが、看護師という仕事を嫌って潜在看護師となる方は少ないということです。条件さえ合えば復職したい、看護師として社会や医療現場で貢献したい考える方の割合は非常に高いと言われています。

確かに、数年前まで看護師の仕事というと「夜勤ありの常勤、正社員待遇、シフト勤務」といったものが大半で、家庭のある方や持病がある方などにとっては、非常にハードルの高いものでした。

しかし、最近は潜在看護師の方たちが医療の現場に戻ってこられるよう、日本看護協会や病院といった医療機関、大学などが協力し、心身の負担の軽い勤務ができる環境作りなどが進んできています。

それに伴い、アルバイトや派遣といった勤務形態で復職する潜在看護師の数も増えてきており、数日~数週間といった短いスパンで働くことができる単発の仕事も人気を集めてきています。

ではここで、近年注目を集める准看護師の単発の仕事について見ていきましょう。


単発の仕事の魅力



准看護師を対象とした単発の仕事は、主に1~2日単位のスポット型のものと、数週間~数ヶ月単位の期間型のものに分けられます。

どちらも決められた期間を勤め上げると契約終了となるため、年単位といった長期の勤務が難しい、プライベートや家庭を最優先したいという方に適した働き方だと言えるでしょう。

単発仕事のメリットには、他にも以下のようなものがあります。

勤務時間をコントロールできる

正社員待遇の看護師の多くは夜勤を含む常勤となっており、シフト制で勤務時間を選ぶことは難しい状況にあります。また、公休についても「週のうち土日は休み」といったような固定は難しく、プライベートの時間の確保やスケジューリングが難しいというのが実情です。

それに対し、単発の仕事はある程度時間に自由がきき、日勤のみ、夜勤のみ、土日祝日は休みといった設定が可能であるケースが目立ちます。少ない時間で効率良く稼ぎたい、仕事より家庭を優先したい、働きながら資格試験を目指したい、などの希望や要望を叶えてくれる働き方と言えるでしょう。

給与アップを目指せる

単発の仕事には「企業検診のための1日勤務」「夜勤専従」「週に1、2日だけの勤務」といったように、様々な働き方が用意されています。そのため、休みや仕事明けに単発のアルバイトをして給与を増やす、といったことも可能です。

特に夜勤の単発アルバイトは給与が高いため、単発で大きく稼ぎたいという方に人気です。

体力に自信がない方でも働くことができる

単発の仕事の中には、一日4~5時間勤務、週末だけの出勤といった短時間就業のものもあります。そのため、身体的な理由から夜勤のある常勤ができずに看護師を離職したという方でも、無理なく働くことができる案件を見つけられるケースが少なくありません。


准看護師、単発の仕事の種類



近年、看護師の働き方が多様化してきたのに伴い、准看護師の単発案件の種類も増えてきています。代表的な種類を以下にまとめましたので、是非参考にしてみて下さい。


日払いバイト

日払いバイトは、土日のみといったように、特定の曜日や決められた期間(1~3日程度)だけ働き、帰宅前に日当をもらうタイプの働き方です。企業や行政の健康診断や献血などの案件が多いのが特徴です。

採血バイト

このバイトは検診などにともなう採血の仕事です。地域の検診では1日に数百人といった受診者に対応をすることになるため、特定検診の数日間だけ看護師を募集するというケースが多く見られます。

クリニックバイト

クリニックバイトの特徴は、日勤のみの求人案件が多いということです。勤務形態も色々と選べることが多く、仕事よりも家庭を優先したい、子育てをしながら働きたいという方におすすめの仕事です。

ツアーナースバイト

ツアーナースとは旅行に付き添って健康管理などを担当する看護師を指します。旅行に随行する仕事なので、病院の通常勤務と比較して担当する業務・医療処置が少なく、健康管理の記録、緊急時における医療機関との連絡・連携などが主な業務となります。

旅行中の数日~数週間が契約期間となり、拘束時間に応じた日当が支払われます。

夜勤専従アルバイト

その名が示す通り、日勤に対し夜勤だけに入るアルバイトです。夜勤専従の大きな魅力は給与の良さにあり、単発といっても、一日3万円前後の給与が支払われます。中には平日5日間フルで夜勤アルバイトに入り、効率良く高額の報酬を稼いでいる方もいらっしゃいます。

訪問入浴アルバイト

訪問入浴は主に介護の現場での仕事となりますが、看護師と介護士が共に利用者の自宅に訪問し、協力して業務にあたるのが基本となっています。

看護師が担当する仕事は、基本的に入浴前後のバイタルチェックや健康管理ですが、勤務先や業務内容によっては、入浴や着替えなどの介助サポートを行うこともあります。

最近は、准看護師を対象とした単発案件も多数存在し、業務内容や勤務形態も多種多様となってきています。自分にピッタリの仕事を見つけるためにも、ライフスタイルやプライベートの時間の使い方などをしっかりと見据え、求人案件を選ぶようにしたいですね。


単発の仕事における注意点



准看護師を対象とした単発の仕事には複数のメリットがありますが、やはりデメリットも存在します。単発の仕事に興味をもったら、まず注意点を確認し、自分にとってメリットとデメリットどちらが大きいか見極めるようにしてみて下さい。


注意点1 細かい仕事内容を確認できない

単発の場合、勤務先のスタッフに「あの人はどうせ短期だから」と軽く見られ、細かい仕事の説明などを行ってもらえないことがあります。どうせ一緒に働く期間は短いし、説明などの面倒ごとはやりたくない、という方も多いのです。

このような不誠実な対応をされると、精神的な負担・ストレスが大きくなり、気持ち良く仕事を続けることが難しくなります。

こういった無駄な重荷を背負わぬためにも、不明点があったら身近な人に臆せず訊ねる、手の空いている人を見つけて指導をこうといった自主性・積極性が重要となってきます。


単発注意点2 サポート体制が弱い

単発の仕事の場合、長期間働くわけではないため、病院や医療機関側で「契約をした人を育てる」ということを一切行いません。

単発は即戦力を求める求人であるため教育面で期待が持てないのは仕方がないことです。しかし、仕事をスムーズかつ的確に行うための説明やサポートをおざなりにしてよいわけでは決してありません。

残念ながら、この点について思い違いをしているクライアント・雇用者は意外に多く、「一人で夜勤をさせる」「食事や休憩の時間を与えない」「業務の説明を十分に行わない」というケースも少なからず存在します。

こういったサポート体制が弱く無責任な雇用主にあたってしまうと、勤務中に強いストレスを感じたり、不信感を抱いて業務に支障がでるなど、様々な不具合が生じてしまいます。

こういったことを避けるためにも、仕事に申し込む前に雇用側のサポート体制がしっかりしているかどうか確認しておきましょう。サポートや仕事のやりやすさなどについては、転職サイトのキャリアアドバイザーが情報を持っていることが多いので、気軽に相談してみるのも良いでしょう。

 准看護師の転職に強い求人サイトは?

このページの先頭へ